覚えておきたいお葬式のマナー

香典を入れる不祝儀袋について

不祝儀袋の種類とは?

不祝儀袋というものは不意に必要になるものですが、スーパーやコンビニエンスストアなどで簡単に手に入れることができるので助かります。
しかしそこには封筒のような略式のものから現金を入れた中袋の上をもう一度包んで水引をかけるといった正式なものまで、複数のものが売られているのでどれを選んだらいいのか迷ってしまうかもしれません。
そのような時は、外袋に書かれている金額の目安を参考にするといいでしょう。
次に水引について見てみると、弔事で使用する不祝儀袋には白黒や銀色の水引が偶数本かけられていることが一般的です。
水引はお悔やみごとが二度と繰り返すことのないようにとの願いを込めて濃い色が右側になるように「結び切り」という固く結んであってほどけない結び方がされているはずです。

香典袋の外包について

それでは、現金を入れる中袋のあるような正式な香典袋について紹介していきます。
まず中袋に現金を入れたら金額と自分の住所・氏名を記入するのですが、この時に包むお金は新札でないものを選ぶことがマナーとされています。
お札の向きをそろえたら、不祝儀袋の表側とお札の表側が一致するようにしてお金を包むことも忘れてはいけません。
一般的に香典袋に金額を記入する際には「壱」や「弐」のような難しい漢数字を使用するということ、中袋の項目は読みやすく書かれていることが大切なので無理に筆ペンを使って読みづらくしてしまうよりも万年筆などで丁寧に記入しておいた方がいいということも覚えておきましょう。
そして外包で包むときには上と下の重ね方に注意が必要です。
弔事の場合は上から下へと悲しみが流れていくという意味を込めるものなので、先に下側を折ってから上側を重ねるようにしましょう。