覚えておきたいお葬式のマナー

お葬式の場にふさわしい服装とは

女性がお葬式に参列する時の服装マナー

お葬式に参列する際の服装はブラックフォーマルと呼ばれるもので、女性であれば漆黒のワンピースかスーツを用意することになります。
マナーとしては肌の露出を控えることが重要なので、夏場であったとしても5分袖以上の上着と、ひざ下まである長めのスカートを着用することがポイントです。
また足元は素足を避けて黒いストッキングを着用し、靴はシンプルなプレーンパンプスを履くというのが一般的とされています。
弔事の際にエナメルのような光沢のある素材は相応しくありませんし、サンダルやミュール、ピンヒールの靴はたとえ黒であったとしても避けておいた方がいいでしょう。
もし、妊娠中などのやむを得ない事情がある場合は光沢や飾りのないローヒールの靴を選べば問題ないようです。

お葬式に必要なもの

お葬式の際に大きなバッグを下げていくことは好ましくありません。
どうしても仕方がない場合は、失礼のないように事前に預けるなどの工夫をするといいでしょう。
女性であればブラックフォーマルの売り場で販売されている、布でできたシンプルなハンドバッグやクラッチバックを用意します。
お葬式の席で使用するバッグの種類にもマナーが存在していて、華やかな印象を与えてしまう金属性の飾りや地模様、光沢があるようなものは使用するべきではないといいます。
また販売店の中には、バッグの二重の持ち手は不幸が重なってしまうことを連想させるからといって、一本の持ち手のものしか置いていないというお店もあるようです。
持参するバッグにはお焼香の際に使用する数珠や、袱紗に包んだお香典、黒か白のハンカチを入れていくようにしましょう。